ブログ

正しい洗顔方法とは

間違った洗顔方法や過剰な洗いすぎは、角質層にダメージを与え、乾燥肌や敏感肌やシミなどのさまざまなトラブルの原因にもなります。
そのためにも、正しい洗顔方法を知って実践することをお勧めします。

洗顔をする前に、洗顔料の泡立ちが良くなるよう、まずは手を綺麗に洗いましょう。
その後、洗顔料に水を加えて泡立て、ふんわりもちもちした泡を作ります。

 
うまく出来ない人は、泡立てネットを使うと間単に作ることができます。
泡が玉子1個ほどの大きさになったら、皮脂が多い顎やTゾーンから手の平で押さえるように優しく洗い始めます。

 
このとき、指が肌に触れ摩擦しないようにします。
次に、頬を同じように優しく洗い、乾燥しがちな目元と口元は泡を乗せるだけで十分です。

 
洗い終わったら、ぬるま湯で20回以上、泡が残らないようにすすぎます。
すすいだ後は、清潔なタオルで顔を押さえるように水分を取ります。

 
その後は、すぐに化粧水でパッティングし、保湿クリームで水分の蒸発を抑え保湿します。

洗顔料を使用しての洗顔を朝晩2回する人が多いのですが、乾燥がひどいと感じたときは、夜1回のみにしましょう。