ブログ

化粧を落とさないで寝るのは厳禁!

飲み会などで帰るのが遅くなると、化粧を落とすのが面倒だと思う人は多いです。

 

しかし、化粧を落とさないで寝てしまうと、粉末が水分を奪ってしまうため、乾燥してしまいます。

 

また、皮脂が過剰に出やすくなったり、色素沈着の原因になったりします。

 

化粧を落とさないまま寝た場合、肌の老化を促進させる危険があります。

 

化粧品の中でも、特にファンデーションは、肌と密着させるため、油性の成分が使われていることが多いです。

 

油性の成分は、皮脂や汗と混ざって過酸化物質になります。

 

そして、汚れが毛穴に入ると、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

 

また、毛穴に詰まった皮脂や汚れは、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

 

ですから、疲れて帰ってきて顔を洗う気力がない時でも、とにかく化粧だけは落とす必要があるのです。

 

化粧を落とさないで寝てしまった場合は、入念に洗顔をして、化粧をしっかりと落とすことが大事です。

 

肌に負担がかかっているので、普段よりも丁寧に顔を洗った方がいいです。

 

洗顔後は、化粧水や美容液をたっぷりと使って保湿することで、肌のダメージが軽くなります。