ブログ

マツエクでよくあるトラブル

短時間で誰でもバサバサの長いまつ毛になれてしまい、つけまやマスカラいらずと人気のマツエクですが、近年トラブルも急増しています。

 

マツエクの主なトラブルとしては、まつ毛にエクステをつけるときに接着剤(グルー)や取れてしまったエクステが瞳や瞼に入ってしまうことで起こる、かぶれやまぶたの皮膚炎、角膜炎、角膜びらん、角膜潰瘍、接着剤が気化して瞳に触れてしまうことで起こる充血や炎症などで、視力障害を引き起こしてしまうこともあります。

 
では、そのようなトラブルを避けるためにはどのような対策を行えばよいのでしょうか。
まずは、信頼できるお店を見つけることです。

 

スタッフがカウンセリングを丁寧に行ってくれるか、眼病などのマツエクのトラブルについてしっかりとした知識があるかどうか確認しましょう。
また、トイレや個室のタオルの交換などの衛生管理が徹底されているかも重要なポイントです。

 

施術後も、接着剤が完全に乾くまでできるだけさわらないようにし、洗顔も極力避けましょう。
乾いた後も、目をこすったり、まつ毛を引っ張ったりするとトラブルの原因になります。