ブログ

ジェルネイルのアレルギー

ジェルネイルとは、ジェル状の液体を塗りUVライトまたはLEDライトを当てて硬化させること仕上げるネイルのことを言います。

ジェルは粘液状の合成樹脂でできており、光をあてることで固まる成分が含まれています。

 

マニキュアと比べて、発色がよくツヤが美しいため見た目が良く、剥がれにくく長持ちする、爪をキレイに伸ばすことができることから人気となっています。

ネイルの定番となっているジェルネイルは意外と知られていませんがアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

接触性皮膚炎という症状が現れることがあり、かゆみや赤み、腫れ、水泡などのかぶれが出やすくなるのです。

かゆみがあり、かゆみから無意識に掻きむしってしまい、赤みや腫れにつながっていきます。
ジェルネイルが接触する主に手に症状が出ますが、ひどくなると顔や首などにも症状が出てきてしまうためすぐに皮膚科を受診することをオススメします。

 

アレルギー体質の人だけではなく、突然発症してしまうことがあり誰にでも起こり得ることです。

一度発症してしまうと完治することはできないとされています。