ブログ

ニキビと洗顔料の関係

ニキビの改善には洗顔料のタイプや質が関係しています。
スクラブを含んだ洗顔料は、毛穴の中の汚れをかき出したり、剥がれずに残っている古い角質を落とすのにたいへん効果的ですが、ニキビができている状態で、スクラブを含む洗顔料を使うことはやめておいた方が良いでしょう。

 

ニキビは、古い角質や皮脂の汚れが毛穴を詰めてそこにアクネ菌が集まり繁殖して、炎症が起こっている状態なので、スクラブで擦ってしますと、さらに炎症が肌の奥まで広がってしまい真皮層にまで及んでしまうので、ニキビが治ったとしてもクレーターのようなデコボコの痕が肌に残ってしまったり、色素沈着によるシミができてしまう危険性があります。

 

ニキビの改善には、刺激の少ない成分で作られた洗顔料を使い、たっぷりと泡立てた泡で洗うようにしてください。

泡がクッションになって摩擦を少なくすることができますよ。
毛穴の中を泡で洗うようなイメージで、優しくなでるようにするのがポイントです。
洗顔後は乾燥から肌を守るために、すぐにビタミンC誘導体など有効成分が配合された化粧水で保湿するように心がけましょう。