ブログ

爪カビの正しい治療法

粘液状の合成樹脂を爪に塗り、可視光線を当てて固めるジェルネイルは、長い期間装飾された美しい爪でいられますが、自分の爪に異常が現われても気づくことが難しく、爪カビが発生していても治療が遅れ悪化させてしまうリスクがあります。

 

ジェルネイルを続けていますと、一部が剥がれるなどで、爪とジェルの間の隙間が広がり、そこに水がたまりやすくなります。

水分が湿ったままの状態が続きますと、菌が繁殖しやすくなり、爪カビが発生してしまいます。

 

爪カビの正体は、緑膿菌という水回りにいるありふれた菌で、水分だけで増えていきますので、濡れたままで放置しないことが大事です。

ジェルネイルが浮いてきたら、すぐに取り去ることが一番の予防になります。

 

注意をしていてもできてしまった爪カビは、正しい治療法で早く処置して悪化させないことです。

治療法の基本は、爪の表面を清潔にし、乾燥させることで菌の繁殖を防ぐことです。

 

そして皮膚科で、抗生物質などによる治療を受けることです。
治療中も、爪が濡れたら清潔なタオルなどでしっkり拭いて乾かすようにしましょう。