ブログ

魚の目・タコはどうしてできるの?

魚の目やタコが足裏に出来てしまうと、とても大変です。

 

悪化していくと、痛くて歩けないという状態にもなってしまうためです。

 

これらの原因は、履いている靴にあることが多いです。

 

足を締め付けてしまう靴や、足にあっていない靴などを履いていると、出来てしまう可能性が高くなります。

 

また、とくに多いのがサンダルです。

 

サンダルはしっかりと足を覆うことがないため、前へ滑りやすくなります。

 

そのため、足の指の付け根で支えることが多く、擦れ、皮膚が硬くなって出来てしまうのです。

 

夏が過ぎると増えていたということが多々あるはずです。

 

また、窮屈な靴を履いていると、足裏の真ん中あたりに出来てしまうことがあります。

 

これも真ん中だけが擦れて皮膚が硬くなって出来てしまうのです。

 

このようなことから、足にあう靴を履くことはとても重要なことと言えます。

 

また、高いヒールなどを履いた後は、夜に、固くなった部分に保湿クリームなどを塗って柔らかく揉んでおくようにしましょう。