ブログ

タコ・魚の目の違い分かりますか?

こんにちは、大阪市都島区のエステサロン Peach Pureです。

 

皆さん、足にできてしまう「タコ」や「魚の目」について知っていますか?

 

「足にタコができた〜」ということはあるかもしれませんが、

 

「魚の目」という言葉は初めて聞いたという人もいるのではないかと思います。

 

タコというのは足の裏や指が靴に当たって、摩擦による防衛反応でその部分の皮膚が厚く硬くなってしまっていることです。

 

魚の目はそれよりも深刻な状態で、タコと同じように皮膚が厚く硬くなっていくのですが、

 

タコとは違って外部からの刺激によって強い痛みを感じるようになってしまいます。

 

症状についてはこのような違いがありますが、原因は同じで、「合わない靴を履いている」ということがほとんどです。

 

サイズや形の合っていない靴で歩くと、足が痛くなり、場合によっては歩けなくなることもありますよね。

 

タコや魚の目を防いで美しく元気な足でいるためには、靴選びの時に気をつける必要があるのです。