ブログ

あなたはしていませんか?巻き爪になりやすい歩き方

こんにちは、大阪市都島区のエステサロン Peach Pureです。

 

足の巻き爪でお困りの方はいらっしゃいますでしょうか。

 

巻き爪は自分にあっていない靴を履いていることが原因で発症しますが、実は歩き方も巻き爪の原因の一つだって知っていましたか?

 

巻き爪を招く歩き方、それは背筋が曲がっている状態で歩くことです。

 

爪は本来緩やかに巻く性質を持っているのですが、つま先をしっかりと使い歩くことによって地面からの圧力が加わります。

 

そうすることで爪は巻いてしまうことなく平らな状態を保つことができるのです。

 

しかし、背筋が曲がっていると重心がズレてしまい、つま先にうまく圧力がかからなくなります。

 

その結果爪が巻かれ、足の指を痛めてしまいます。

 

正しい歩き方は正しい姿勢を心がけることから始まります。

 

まずは姿勢を正し、しっかりとかかとで着地することを意識します。

 

歩くときは歩幅を大きく、大股で歩きましょう。

 

目線を下に向けると猫背の原因になるので、前の方に目線を向けましょう。

 

あとは顎を引いて、腕は前後にしっかりと振って歩けば巻き爪の予防につながるでしょう。

 

歩くときは、ぜひこのことを意識して歩くようにしましょう。